contact

補聴器の販売・レンタルなら補聴器専門店「ヒヤリングセンター神奈川®」川崎本店 横浜ケアルーム

お問い合わせ ブログはこちら

ヒヤリングセンター神奈川

コラム

モニターレポート 11月 稲田 様2018.01.15

氏名: 稲田葉月
性別:女
出身:福岡県
職種:大学生
補聴器歴:0年(初めて)
家族構成:両親、弟
休日の過ごし方:カフェに行く

1.自己紹介

はじめまして。私は福岡県出身、神奈川在住の22歳です。

19歳で大学進学と同時に神奈川へきて、現在もまだ大学生です。

3年ほど前に化学療法の副作用による軽度の難聴と診断され、それ以来騒がしい場所での会話などで不便を感じたため、このモニターに参加しました。

2.製品を選んだ理由

今回のモニターの製品として、下記を選択させていただきました。

・Beltone Legend 9 63DW(両耳)

製品を選んだ理由として、私の聴力が主に高音域で低下していたこと、また耳かけの部分が髪の色と合っていたので、こちらの製品をおすすめしていただきました。

今回は下の画像のものをお借りしました。

3.製品のいいと思ったところ

今回お借りした製品のいいところは主に2つあります。

 

1.Bluetooth機能

私が現在使用している携帯電話がiPhoneなので、Bluetooth機能を利用して、専用アプリで音量調整や環境調整ができます。Bluetooth対応により、他の方の目につかず、目立たない方法で補聴器の設定を変えることができるというのは、非常に魅力を感じました。

 

2.様々なチャンネル

専用のアプリに、環境に応じて変更することができるプログラムを作成できるということも便利だと感じました。現在、私は3つのプログラムを登録しています。

・現在の聴力に合わせたプログラム

まだ補聴器を使い始めたばかりなので、音を小さめに設定してあるのですが、こちらのプログラムを主に使わせていただいております。

・騒音下でのプログラム

こちらはその名の通り、騒音下で使用するチャンネルです。主にアルバイト中に使用しています。

・音楽関係のときのプログラム

こちらは騒音下でのプログラムと似ていますが、私は音楽関係のサークルに所属しているので、その練習のときに使用しています。

4.今後試したいこと、やってみたいこと

今後は、補聴器に耳を慣らしながら少しずつ設定の音量を上げていき、自分に最も適した音量を発見し、補聴器の機能を最大限に活用することができれば、と思います。

また、現在はアルバイトやサークルでの使用頻度が高いので、それ以外の環境でも、例えば大学の講義や友達・サークルでの集まりなどでも、積極的に使用したいと思います。

 

まだモニターを始めて一か月で、さらに補聴器自体も初めてなので、なるべく早く自分なりの補聴器が外れにくい着用の方法を見つけたいです。

 

上の図は補聴器着用時を横から撮影したものです。

 

これから一年間、よろしくお願いいたします。