contact

補聴器の販売・レンタルなら補聴器専門店「ヒヤリングセンター神奈川®」川崎本店 武蔵小杉店 横浜ケアルーム

お問い合わせ 川崎本店ブログ

ヒヤリングセンター神奈川

コラム

モニターレポート 4月 稲田 様2018.05.08

氏名:稲田葉月
性別:女
出身:福岡県
職種:大学生
補聴器歴:0年(初めて)
家族構成:両親、弟
休日の過ごし方:カフェに行く

【楽器の音】

サークルの練習時に声を聞き取りづらくなるので装用していたら、音楽の環境に設定するのを忘れていて、楽器の音、特にトランペットの音がつんざくように聞こえました。

仕方のないことですが、少し驚きました。

補聴器を装用していないときと比較すると、音質も少し変わっているように感じました。

音楽の環境にしっかりと設定しているときにはこのようなことはないので、設定している環境は大事だなと思ったと同時に、そのように細かく調整できる現代の補聴器は素晴らしいと思いました。

【生活音】

アルバイト中の普段は気にならないカゴを置く音が少し大きく聞こえました。

また、これは誰でもそうだと思いますが、突然大きな音がすると、とても驚きます。

前述の楽器のこともあったので、補聴器を装用しているときは、固めの音が特に大きく聞こえるのかな、と思いました。

 

 

1枚目はアルバイト先の写真です。

アルバイト中は常に補聴器を装用しています。

 

2枚目は乾燥機と補聴器です。

電池は外して保管します。

元々電池に付いているシールをつけておくと、付けていないときと比較して、電池の減りが緩やかになっている気がするのでこのように蓋の磁石に付けて保管しています。