contact

補聴器の販売・レンタルなら補聴器専門店「ヒヤリングセンター神奈川®」川崎本店 横浜ケアルーム

お問い合わせ ブログはこちら

ヒヤリングセンター神奈川

コラム

モニターレポート 5月 稲田 様2018.06.19

氏名:稲田葉月
性別:女
出身:福岡県
職種:大学生
補聴器歴:0年(初めて)
家族構成:両親、弟
休日の過ごし方:カフェに行く

テーマ

今回は、「聞こえるようになった音」がテーマです。

私の難聴(軽度)は先天的ではなく、病気の治療に使用した薬の副作用によるものなので、

そういえばこんな音もあったな〜と思うものがいくつかあります。

【高い音】

高い音が一番聞き取りづらい、あるいは聞こえない音でした。

例えば体温計の音は本当に聞こえませんでした。

それゆえ、いつもおおよそのタイミングで体温を確認していました。

しかし、補聴器を装用するとその音までもがしっかりと聞こえるようになりました。

高い音といえば、私が勤務しているアルバイト先の近くに、

いつもモスキート音が聞こえる場所があるそうなんですが

補聴器をつけていてもそれは聞こえたことはありません(笑)

【自然の音】

私は難聴に加えて、耳鳴りにも悩まされています。

高めの耳鳴りがずっと鳴っていますが、

補聴器を装用するとそれが少し治ったように感じます。

耳鳴りがなくなることで風が吹く音や葉が揺れる音などがかすかに聞こえてきます。

この音を聞いたときに聴力が戻るとこのような音まで聞こえるのだな、と

感慨深い気持ちになります。

 

 

1枚目は大学のキャンパスの写真です。

2枚目は使用している補聴器のアプリの画像です。