tel

tel

補聴器の販売・レンタルなら補聴器専門店「ヒヤリングセンター神奈川®」川崎本店 横浜プレミアムラウンジ

お問い合わせ ブログはこちら

ヒヤリングセンター神奈川

コラム

補聴器と認知症の関係とは…2024.05.06

補聴器と認知症の関係は、最近の医学界で注目されているテーマです。

 

難聴は認知症のリスクの因子の一つとされており、

補聴器を使用することで認知症の予防効果が期待できる可能性があります。

難聴は聞こえにくさだけではなく、

コミュニケーションや社会参加にも影響を与えます。

 

難聴があると他者との会話が困難になることで、孤立や抑うつに陥りやすくなります。

 

また、難聴は脳の負担を増やし、記憶力や判断力などの認知機能を低下させ

ます。

これらのことが、認知症の発症につながると考えられています。

補聴器は難聴による聞こえの不足を補うだけでなく、

脳の活性化や社会活動の促進にも役立ちます。

補聴器を使用することで、

音や言葉を感じ取り、脳で理解するという「聴覚トレーニング」ができます。

 

海外では【補聴器を使うことでの認知症リスクが8%程度低くできる】という報告があります。

日本でも国立長寿医療研究センターでは、

「もの忘れ」と「聞こえづらさ」がある患者さんを対象に

補聴器の効果を検証する臨床研究を行っています。

 

以上のように、補聴器と認知症の関係は密接なものがあります。

難聴がある方は、早めに耳鼻咽喉科や補聴器専門店で相談し、

適切な補聴器を選んで使用することが大切です。

 

⬇️2週間の無料お試し期間もご用意しております(下記をクリックでレンタル詳細へ)

【WEB限定】補聴器レンタルプラン

⬇️お気軽にお問合せください(下記をクリックで問合せフォームへ)

お問い合わせ